2012年10月28日日曜日

トレード結果 2012.10.22~26


今週は-91円でした。残高7215円。


為替・FX ブログランキングへ

豪ドル円トラリピ トレード結果 2012.10.22~26


今週はずっとレンジの上限レジスタンスであった82.5円を越えました。83.5円まで上昇。
円安が進む予想が大半なので、売りトラップは1円おきに戻します。

そして、400ドルを追加しました。
入金額の合計は500ドル、現在の残高919.26ドル、419.26ドルが利益です。

この先も上昇するかどうかは分かりませんが日銀金融緩和とRBAの利下げの狭間で揺れる格好です。まずは88円を目指す可能性が強いのではないでしょうか。


為替・FX ブログランキングへ

2012年10月21日日曜日

豪ドル円トラリピ トレード結果 2012.10.15~19


今週は豪ドル円、80円割れに一時下落しましたが反転、急上昇となりました。
80.5 81.0の買いポジションはTPを伸ばし金曜日に決済しました。

金曜日はリスク回避でドル買い、下落の一日でした。82.5円を越えてこないと上昇トレンドと呼べないと思いますので、82.5円を越えてきたら売りトラップを1円幅に戻そうと思います。
それまでは下落目線で見ます。


為替・FX ブログランキングへ

トレード結果 2012.10.15~19


今週はプラスでした。微益で結構ですのでこの調子でいって欲しいものです。


為替・FX ブログランキングへ

2012年10月14日日曜日

【引用】(WSJ)豪ドル売り・ユーロ買いは世紀の取引=ゴールドマン

気になる記事がありましたので引用致します。


豪ドル売り・ユーロ買いは世紀の取引=ゴールドマン
http://jp.wsj.com/Finance-Markets/Foreign-Currency-Markets/node_527812




具体的な数値としては以下2点。
「ユーロの長期的な対豪ドル相場は平均で約1ユーロ=1.70豪ドルだが、10日終盤のシドニー市場では1.250豪ドルで推移していた。「オーストラリア人が休暇で出掛けられるのは結構なことだが、それがいつまで続くはわからない」と同氏。」

「同氏によると、豪ドルは中期的には緩やかな下落基調をたどるが、商品価格が急落すれば、豪ドルの対米ドル相場は1豪ドル=0.6500米ドルまで下げる可能性がある。」

豪ドルドルが0.65ドルとはリーマンショック時の0.59ドルに近い、かなりの暴落です。

過去、日本がバブル崩壊で痛い目に遭いました。投資し、バブルを起こし、税収以上の生活を当たり前にさせておき、一気に破綻させ、暴落時に買い上げる。同じようにおそらく中国のバブルをはじさせることが目的なのでしょう。ゴールドマン・サックスのポジショントークとはいえ、トラリピも慎重にならざるを得ません。




為替・FX ブログランキングへ

2012年10月13日土曜日

豪ドル円トラリピ トレード結果 2012.10.8~13

今週は約定なしです。
80.0⇒80.5の買いはポジションを建値SLにしたため下落時にポジションがなくなりました。
RBAが利下げを発表しましたし、昨日の発言『資源産業への投資は来年ピークを迎える見込み』もネガティブにとられました。
最近は下値を試す力も強かったため、そのためのSL処置でした。

結果としては79円台で終わることなく80円台ですので、上昇する力があるとは思えないものの、下落もしていかないという、トレンドがない状態になっています。

こういう時はつい上か下かを予想したくなるものですが、相場は何ごとも起こりうるため、感情に支配されないように、ということを戒めとしています。


為替・FX ブログランキングへ

トレード結果 2012.10.8~12


今週は287円のマイナスです。Forex Megadroidが足をひっぱりました。
この口座は終わりが近いです。

資本が減ってしまってからそのマイナスを取り戻す難易度は通常かなり高くなるためです。


為替・FX ブログランキングへ

2012年10月7日日曜日

トレード結果 2012.10.1~5


今週は115円のマイナス。先日変更したSL 20pips だと少しシビアかもしれませんね。
30pipsにします。


為替・FX ブログランキングへ

豪ドル円トラリピ トレード結果 2012.10.1~5


今週は80.5⇒80.0の一回のみです。

80円割れにより下落トレンドを予想させましたが、金曜日の雇用統計が良い結果となり80.8まで上昇、QE3等リスクオンの相場もありいよいよ上昇トレンド、かと思わせておいて豪ドルの行って来いの売りが入り豪ドル円は80円でクローズと、いろいろな思惑に振られています。

15M 800SMAをうろうろしているうちは、はっきりとしたトレンドがない状態とみて良いでしょう。


為替・FX ブログランキングへ